#みんなに聞いてほしいことがある

scroll

未来をよくするのは大きなニュースより小さなニュースかもしれないから。

世界をよくするのは大勢の声より一人ひとりの声かもしれないから。

新聞広告には、未来を広げていく力がある。10月20日は新聞広告の日

#みんなに聞いてほしいことがある あなたのそんな想いをCreepyNutsがラップにして、世の中に届けます。

新聞週間にあわせて、一人ひとりの声や、小さなニュースをCreepy Nutsがラップにするキャンペーンを実施します。

あなたのたった一つの投稿が未来を、世界をよくする力になるかもしれないから。

スペシャルムービー
12月中旬発表予定

COMING SOON

#みんなに聞いてほしいことがある
#CreepyNuts

を付けて、
あなたの声をツイートしよう

※ツイートの募集は終了いたしました。

2021.10.31(日)23:59をもって、
本キャンペーンの応募は終了しました

キャンペーン概要

本キャンペーンでは、2021年10月20日(水)の「新聞広告の日」に際し、同15日(金)から21日(木)までの「新聞週間」中、HIP HOPユニットのCreepy Nutsさんを起用した全面広告を、全国86紙に順次掲載しています。この広告では、読者の「みんなに聞いてほしいこと」をTwitterで募集しました。10月15日(金)から10月31日(日)の期間中に、Twitterでハッシュタグ「#みんなに聞いてほしいことがある」「#CreepyNuts」を付けて自分の想いや身の回りの出来事を投稿いただき、その中から選ばれた投稿に対してCreepy Nutsさんが「聖徳太子スタイル」という形式で即興ラップを制作、12月中旬にスペシャルムービーとして公開します。

新聞広告掲載期間

2021年10月15日(金)〜2021年10月21日(木)

掲載新聞

日本新聞協会加盟社が発行する86紙
※当初予定より2紙追加掲載

応募方法

Twitterでハッシュタグ「#みんなに聞いてほしいことがある」「#CreepyNuts」の2つをつけてツイートしてください。Twitterのアカウントをお持ちでない方は、下記よりアカウントを作成いただけます。アカウント作成にあたっては、ご自身で利用規約などをご確認ください。
Twitter ( https://twitter.com/ )

応募期間

2021/10/31(日)23:59をもって、本キャンペーンの応募は終了しました

応募条件

アカウントを非公開にしている場合は対象となりません。 投稿頂いたツイートの著作権は主催者側に帰属し、また投稿頂いた内容をこのキャンペーンの主催者側で使用することについて異議を申し立てないものとみなします。 詳しくは本キャンペーンの応募規約への同意の上でご応募ください。

スペシャルムービー公開

12月中旬に当サイトおよびCreepy Nuts公式YouTube Channelで発表予定

PROFILE

Creepy Nuts

Creepy Nuts

日本三連覇のラッパー「R-指定」と、世界一のDJ「DJ 松永」による、HIP HOPユニット。
2017年Sony Musicよりメジャーデビューし、2020年8月に「かつて天才だった俺たちへ」をリリース。同年11月には武道館2Daysを開催し、チケットは即完売となった。
2021年9月1日に約3年半ぶりのフルアルバム「Case」をリリース。iTunes総合トップアルバム1位を獲得し、話題となっている。
ニッポン放送「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」、テレビ朝日「イグナッツ!!」にレギュラー出演中。音楽のみならずCMやバラエティ、ドラマ、ラジオに執筆業など、八面六臂の活躍を見せる。

掲載新聞一覧 ( 86紙 )
朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、日本経済新聞、東京新聞、東京中日スポーツ、産経新聞、サンケイスポーツ、夕刊フジ、報知新聞、日刊工業新聞、日刊スポーツ、スポーツニッポン、日刊水産経済新聞、日本農業新聞、北海道新聞、室蘭民報、釧路新聞、苫小牧民報、函館新聞、東奥日報、陸奥新報、デーリー東北、岩手日報、岩手日日、河北新報、秋田魁新報、北羽新報、山形新聞、荘内日報、福島民報、福島民友、茨城新聞、下野新聞、上毛新聞、桐生タイムス、埼玉新聞、神奈川新聞、千葉日報、山梨日日新聞、静岡新聞、信濃毎日新聞、長野日報、南信州、市民タイムス、中日新聞、中日スポーツ、中部経済新聞、東愛知新聞、岐阜新聞、新潟日報、北日本新聞、北國新聞、富山新聞、北陸中日新聞、福井新聞、日刊県民福井、伊勢新聞、夕刊三重、京都新聞、神戸新聞、デイリースポーツ、奈良新聞、紀伊民報、山陽新聞、中国新聞、日本海新聞、山陰中央新報、島根日日新聞、山口新聞、宇部日報、徳島新聞、四国新聞、愛媛新聞、高知新聞、西日本新聞、佐賀新聞、長崎新聞、熊本日日新聞、大分合同新聞、宮崎日日新聞、夕刊デイリー、南日本新聞、沖縄タイムス、琉球新報、八重山毎日新聞
※当初予定より2紙追加掲載

応募規約

本規約は、日本新聞協会(以下「当協会」といいます)が主催する新聞週間 新聞広告キャンペーン(以下「キャンペーン」といいます)に応募するすべての方(以下「応募者」といいます)に適用されるものとし、本キャンペーンの応募をもって本規約にご同意いただいたものとみなします。

( 1 ) 応募方法

本キャンペーンの期間中にTwitterにて、「#みんなに聞いてほしいことがある」、「#CreepyNuts」 の2つのハッシュタグをどちらもつけてツイートしてください。Twitterのアカウントをお持ちでない方は、下記よりアカウントを作成いただけます。アカウント作成にあたっては、ご自身で各SNSの利用規約などをご確認ください。
Twitter ( https://twitter.com/ )

( 2 ) お問合せ先

新聞週間 新聞広告キャンペーン事務局
受付期間:2021年10月15日(金)~ 2021年10月31日(日)23:59
お問い合わせメールアドレス:
contact@shinbun-creepynuts.jp
受付時間:10:00~17:00(土・日・祝日を除く)
※本キャンペーンに関係のないお問い合わせ、投稿選定に関するお問い合わせ、掲載前情報等につきましてはお答えいたしかねますので予めご了承ください。

( 3 ) 応募の制限について

応募者が以下の行為を行ったと認められる場合、当協会は当該応募者の応募の制限、投稿の削除に関する対応、採用取消等の必要な措置をとることができるものとし、当該応募者の行為によって当協会に損害が生じた場合は、当該応募者に対して損害賠償を請求できるものとします。

  • ①応募の際に虚偽の内容や第三者の情報を不正に申請した場合。
  • ②本キャンペーンを利用した営業行為、営利目的行為を行った場合。
  • ③公序良俗に反する行為、法令・条例に違反する行為、犯罪的行為に結びつく行為を行った場合。
  • ④当協会もしくは第三者の財産を侵害する行為を行った場合。
  • ⑤当協会もしくは第三者の知的財産権を侵害する行為を行った場合。
  • ⑥当協会が保有または管理するソフトウェア等の機能を妨害、破壊、制限する等運営妨害を行った場合。
  • ⑦当協会やその関係者、本キャンペーン関係者や他の投稿者等を誹謗中傷、脅迫するような投稿をした場合。
  • ⑧その他、当協会もしくは第三者に不利益もしくは損害を与える行為を行う等、応募者として不適切であると当協会が判断した場合。

( 4 ) 注意事項

応募者は、以下の事項についてよく理解のうえご注意ください。

  • ①投稿内容に基づき制作されたリリックや動画等、その他当協会または当協会が指定する第三者のリリックや動画等の利用に関するお問合せについてはお答えできません。
  • ②アカウントを非公開にしている場合は対象となりません。
  • ③リリックとして採用させていただいた場合にも、採用された方に権利および報酬等一切発生いたしません。
  • ④著作権、肖像権その他第三者の権利を侵害する言葉、リリック、画像等(以下「画像等」といいます)、公序良俗に反する画像等、個人情報その他の他人のプライバシーを侵害する画像等の投稿はしないでください。投稿画像内で確認できる対象物によって肖像権などの第三者の権利侵害があった場合、当協会は一切責任を負いません。
  • ⑤ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
  • ⑥未成年の方が応募する場合は、保護者の方の同意のうえご応募ください。
  • ⑦本キャンペーンはTwitter社が支援、承認、運営、関与するものではありません。
  • ⑧はがきや封書でのご応募は受け付けておりません。
  • ⑨本キャンペーンへの参加は、応募者自らの判断と責任において行うものとし、応募に際して応募者に何らかの損害や不利益が生じたとしても当協会および本キャンペーンの関係者はその責任を一切負いません。
  • ⑩当協会は、通信障害および登録・応募に伴い応募者が使用する電子機器類やソフトウェアの不具合などによる障害についての責任を負いません。
  • ⑪本キャンペーンの関係者は応募できません。
  • ⑫応募に伴う通信費用は応募者負担となります。

( 5 ) 本キャンペーンの変更・中断・中止について

当協会は、本キャンペーンの一部または全てを事前に通知することなく変更・中断・中止する場合があります。また、本規約は、当協会の判断により随時変更することができます。当協会は、これにより応募者に生じた損害や不利益については一切責任を負いません。

( 6 ) 著作権の帰属等について

投稿内容に関する著作権の帰属等については以下の取扱いとなります。

  • ①リリックとして採用された投稿が著作物である場合、その著作権(著作権法第27条および第28条に定める権利を含む)については、採用された時点で当協会または当協会が指定する第三者に対し無償で譲渡され帰属いたします。当該投稿が本キャンペーンのリリック、動画等に使用されたとしましても、当該応募者には何らの権利も発生せず、当該応募者は一切の権利主張をすることができません。
  • ②応募者は、リリックとして採用された投稿に関して自ら著作者人格権は行使せず、第三者に行使させることもさせません。
  • ③当協会または当協会が指定する第三者は、リリックの制作にあたり、応募いただいた投稿の一部のみを採用したり、改変、編集を行ったりする場合があります。

( 7 ) 免責事項

当協会は、本キャンペーンに関連して応募者が被った以下の事項により発生した損害や不利益、その他応募機会の喪失については一切責任を負いません。

  • ①本キャンペーンへの応募に際して、ソフトウェア・ハードウェア上の事故、火災、停電、通信環境の悪化、地震、事変等の非常事態が発生した場合。
  • ②本キャンペーンにおけるシステムの保守を定期的あるいは緊急に行う場合。
  • ③応募者間または応募者と第三者の間におけるトラブル等が生じた場合。
  • ④第三者によるサービスの妨害、情報改変等によりサービスが中断、遅延した場合。

新聞週間 新聞広告キャンペーン事務局

受付時間:平日10時~17時 ※土日祝除く

contact@shinbun-creepynuts.jp

新聞広告には、未来を広げていく力がある。
10月20日は新聞広告の日